「ニコニコネット超会議」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった「ニコニコ超会議2020」に代わって実施したネットイベント。同イベントは、niconicoの公式サイトをネット超会議会場とし、当初幕張メッセで予定された企画をはじめ、中止が相次いだ日本のさまざまなエンターテインメントをオンライン上に集め、日本最大のインターネットの祭典として4月12日から19日の8日間にわたり開催した。

 ユーザー発案の企画も約100以上行われ、ネット会場から生放送を視聴したネット総来場者数が1600万人を超えて過去最高となった。

 ニコニコネット超会議2020の開催から3カ月が経った現在も、新型コロナウイルスの終息は見えず、全国各地で開催予定だった夏のライブイベントやお祭りなどの中止が相次いでいる。ニコニコ超会議の全国出張版であるニコニコ町会議も、全国のリアル会場での開催が困難となっている。

 これまでニコニコ超会議は、毎年春1回の開催としてきたが、さまざまな制限がある状況下でも夏を存分に楽しんでもらえるよう、ニコニコネット超会議2020夏の開催を決定した。

 また、ニコニコ町会議は今期も開催に向けて検討を進めてきたが、参加者の安全を第一とし、初のネット開催となるニコニコネット町会議として実施する。これまでニコニコ町会議は、全国37都道府県79会場を巡ってきたが、今回は制限なく全国各地のユーザーとつながる「オンライン参加型イベント」として開催する。

 ニコニコネット超会議2020夏の第1弾企画としては、「伝統芸能」×「niconico」×「最新技術」が融合したニコニコ超会議の目玉コンテンツである「超歌舞伎 Supported by NTT」を、イベント最終日となる8月16日に公演を行う。また、4月の開催が延期となった「第5回スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会」を、8月15日・16日にオンラインで開催する。さらに、開催初日の8月9日には、初音ミクによるオープニングライブを届ける。
Source: BCN+Rhttps://apple-love.xyz/archives/5322